健康情報
脊柱管狭窄症 脊椎管狭窄症 椎間板ヘルニア

50代以降に多く発生する脊柱管狭窄症

 

脊柱管狭窄症 脊椎管狭窄症 椎間板ヘルニア

 

韓国健康保険審査評価員によると、

脊柱管狭窄症を患う患者の内、93.7%が50代以上の老年層だそうです。

 

 

 

脊柱管狭窄症 脊椎管狭窄症 椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症は主に

加齢による組織の老化、遺伝、そして

脊椎周りの筋肉や靭帯の弱化により発症します。

 

 

 

脊柱管狭窄症 脊椎管狭窄症 椎間板ヘルニア

 

脊柱管狭窄症の代表的な症状としては

足の痛み、足のしびれや感覚異常、腰の痛みなどがあります。

 

 

 

脊柱管狭窄症 脊椎管狭窄症 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアと間違いやすいですが、詳しくみていきますと、症状が異なります。

椎間板ヘルニアは前かがみになったり、動くときに痛みが増しますが

脊柱管狭窄症は腰をまっすぐに伸ばすと痛みが増して、

動き出すと痛みが緩和されます。

 

 

 

脊柱管狭窄症 脊椎管狭窄症 椎間板ヘルニア

 

普段の生活習慣が大事なので、

日頃片方の筋肉と靭帯にかかる負担を減らすために姿勢を頻繁に変えて、

筋肉の緊張をほぐして柔軟性を高めるストレッチや

気と血のめぐりを良くして痛みの緩和に役立つ温湿布などでをしてケアしますよう。

 

 

脊柱管狭窄症 脊椎管狭窄症 椎間板ヘルニア

 

ウォーキング、水泳、山登り、エアロビクスダンスは

腹筋と腰の周りの筋肉を強化して痛みと運動機能を高めてくれるので、

脊柱狭窄症の症状緩和に役立ちます。

 

 

 

脊柱管狭窄症 脊椎管狭窄症 椎間板ヘルニア

最後に、もちろん韓方でも治療できます。

その中でもチュナ矯正手技、韓方薬、鍼は

筋肉と靭帯、損傷した骨と神経を強化したり

狭くなった脊柱管を伸ばしてゆがんだ脊椎と関節を正したり、

狭窄した部位の経絡を疎通させて

奥まで硬くなった筋肉を解し、痛みを軽減させるので

手術をしなくても、脊柱管狭窄症の根本治療ができます。

 

 

加齢による組織の老化によって現れる病気ですが

韓方治療を受けながら生活習慣を見直していくと

日常生活に支障がないまで改善できます!

いつでも気軽くご相談ください。