自生ニュース
去る23日、世界各国の保険医療の専門家で構成された研修団が韓医学を学ぶために自生韓方病院に訪れました。

“韓方を学びに韓国まで来ました”世界各国の専門家が訪問

去る23日、世界各国の保険医療の専門家で構成された研修団が韓医学を学ぶために自生韓方病院に訪れました。

去る23日、世界各国の保険医療の専門家で構成された研修団が韓医学を学ぶために自生韓方病院に訪れました。

 

今回訪問した研修団は、アメリカ、ドイツ、オーストラリア、ギリシャなど、10カ国の保健医療分野の大学教授、職員、協会役員13人で構成され、その中にはアメリカ・ミネソタ州の鍼灸協会長やギリシャの医学鍼術療協会長も参加しました。研修団は韓方治療法が医療現場で、どのように活用されているか調べるため、自生韓方病院に訪れました。

 

 

去る23日、世界各国の保険医療の専門家で構成された研修団が韓医学を学ぶために自生韓方病院に訪れました。

アメリカ・ミネソタ州の鍼灸協会長は「後ろ首が常に凝っていて痛かったが、ここでチュナ矯正手技を受けてみたら、痛みが大幅に減った」とし「患者に客観的な情報をちゃんと伝えることも大事だが、政策も大事。それさえできれば韓方医学は世界的な医学に成長する」と感想を述べました。

 

 

去る23日、世界各国の保険医療の専門家で構成された研修団が韓医学を学ぶために自生韓方病院に訪れました。

自生韓方病院のイ・ジノ病院長は、「今回の研修団の訪問は韓医学を世界に広めるための一歩」とし、「今後もこのような活動を通して世界の人々が持つ韓方の認識を向上させて、世界各国に進出できるように努めていきたい」と述べました。

 

一方、今回の研修は、釜山大学の韓方医学専門大学院と韓方薬振興財団が進行する「韓方研修課程」事業の一環として実施されました。