治療動画
韓方を信じなかったミシガン大学の教授が手術の後遺症を韓方で治した?

韓方を信じなかったミシガン大学の教授が手術の後遺症を韓方で治した?

 

アメリカのミシガン大学で教授をしている彼は、右の回旋筋腱板と上腕二頭筋の手術を受­けたせいで肩の動きが大きく制約されていました(頸椎椎間板ヘルニアの症状も有り)。­彼は西洋医学で可能な治療はすべて受けてきたので果たして自生韓方病院の韓方治療でき­ちんと治療ができるのか少し疑っていました。しかし、韓方の治療を受けて、治療前後の­MRIの検査結果を比べてみたら実際に再生したことがわかりました。