自生ニュース
f20180726_01

自生医療財団シン・ジュンシク会長、美ラスベガスで動作鍼療法(MSAT)を講演

自生医療財団シン・ジュンシク会長、美ラスベガスで動作鍼療法(MSAT)を講演

 

シンジュンシク 自生韓方病院 韓方 漢方 ラスベガス アメリカ 鍼灸 鍼 針

自生韓方病院の創設者であるシン・ジュンシク会長が、アメリカラスベガス・カリフォルニア州の韓方医を対象に韓方(東洋医学)で手術せず脊椎•関節疾患を治療するノウハウを伝授しました。

 

シンジュンシク 自生韓方病院 韓方 漢方 ラスベガス アメリカ 鍼灸 鍼 針

 

シン会長は、本場の韓方医協会と韓国の韓医学会が去る20日(現地時間基準)から22日までラスベガス・エクスカリバーホテルで開催した「第16回ラスベガス学術大会」に脊椎•関節痛分野の講演者として招聘されました。

21日の講演に参加したシン会長は自生韓方病院の主な無手術治療法である動作鍼療法(MSAT)の理論の講義と実習を進めました。鍼をツボに置いた状態で韓方医の二人が患者の両方で牽引しながら患者を歩かせる動作鍼療法(MSAT)は、従来の西洋医学で使われる鎮痛剤よりも約5倍高い鎮痛効果があると認められた治療法として、特に急性の腰痛患者に効果が良いと言われています。この治療法を開発したシン会長が直接講演したという点で注目を浴びました。

また、その場でシン会長は腰、首、顎関節疾患を患っている韓方医に動作鍼療法(MSAT)を実証しました。動作鍼療法(MSAT)の効果を直接目にした参加者らは驚きを隠せませんでした。

 

シンジュンシク 自生韓方病院 韓方 漢方 ラスベガス アメリカ 鍼灸 鍼 針

シン会長は「最近、アメリカでは麻薬性鎮痛剤の乱用が社会問題として台頭している中、代替医療への関心が日々高まっている」とし「アメリカで活躍する韓方医を通じて、韓国固有の医学である韓方の治療法(チュナ矯正手技、動作鍼療法(MSAT)、針など)が世界に広がることを期待している」と述べました。