健康情報
膝がズキズキ痛む膝蓋軟骨軟化の原因と症状は?

膝がズキズキ痛む膝蓋軟骨軟化の原因と症状は?

膝がズキズキ痛む膝蓋軟骨軟化の原因と症状は?

急に膝がズキズキ痛くなった経験がありますか?

痛くなって、また良くなることが繰り返しているのなら

単純な痛みではなく膝の関節に問題が生じているかも知れません。

その中でも、膝蓋軟骨軟化症は上記のような症状を引き起こします。

 

膝がズキズキ痛む膝蓋軟骨軟化の原因と症状は?

 

膝蓋軟骨軟化症は、膝を伸ばす前方の太ももの筋肉と、

膝の前方にある筋の間に位置している頭蓋骨についている軟骨が力を失い弱くなることで、

骨を保護する軟骨の機能をちゃんと果たせなくなり、痛みを誘発させる疾患です。

 

この疾患は主に20~30代の情勢に多く発病しますが、その理由としては女性が男性より

太ももの筋肉量が少ない上に、ヒールの高い靴を良く履いて頭蓋骨の圧力が高くなるからです。

 

膝蓋軟骨軟化症は日常生活を送るときに、膝の前の部分から強い衝撃を受けたり、

過度の運動負荷により膝の軟骨が損傷したりする場合に起こりやすいです。

また、長時間にわたり正座や膝をつく姿勢をしたり、

頻繁に坂道や階段の昇り降りをしたりすることも良くありません。

 

膝がズキズキ痛む膝蓋軟骨軟化の原因と症状は?

 

代表的な症状である膝の痛み以外にも膝の前の部分がズキズキ痛かったり、

動かすとガクッとする音がしたりします。

 

膝蓋軟骨軟化症を予防するためには、膝に負担をかける姿勢を控えて、

体重が重い場合、体重減を減少させて膝の関節に加わる圧力を減らしましょう。

普段平地を歩いたり、水泳などで膝の関節を強化するのも良いです。

 

膝は体重を支える大切な関節なので、問題が生じると普通に立つのもつらくなる場合があります。

膝の痛みを感じる方は、すぐに病院に行って正確な検査・診察を受けて今の症状の原因を把握しましょう。