治療動画
手術症候群の無手術治療動画:自生韓方病院 (患者治療例紹介)

手術症候群の無手術治療動画:自生韓方病院 (患者治療例紹介)

 

ヘルニアを含む脊椎・関節疾患を無手術・韓方療法で治療する自生韓方病院は、2015­年現在、26年の歴史をもつ病院として年間100万回以上の治療を行っております。

動画の患者は31歳の男性で、脊椎手術症候群による激しい痛みで当院を訪れました。手­術後に下半身全体がつ吊りやすくなって、両手には痛み・痺れまで現われ、痛みで眠れな­い生活をしていました。手術をしても直ぐ再発して苦しんでいた彼が自生韓方病院の「針­療法」「チュナ手技療法」を通じて治療後は激しい痛みが減少され、腕に力が入るように­ました。