健康情報
季節の変わり目の韓方健康法

季節の変わり目の韓方健康法

季節の変わり目は日較差が大きいため、体が気温の変化になかなか適応できず
免疫力が落ちやすくなります。韓方健康法で風邪や鼻炎などの疾患から体を守りましょう。

季節の変わり目の韓方健康法

 

秋は「肺の季節」、早寝早起きが肝心

韓方で「肺の季節」と呼ばれる秋は、呼吸器が敏感になる季節です。 秋には早寝をし、鶏の鳴き声と共に目覚めると、陽の気を取り込めると言われています。反面、夜中まで起きていると陽の気が大量に抜けてしまい、肺が弱くなります。早寝早起きを心がけ、呼吸器疾患から体を守りましょう。

風邪を予防する韓方茶-五果茶
[材料] クルミ10個、銀杏7個、ナツメ7個、ショウガ1個、栗7個
[作り方]
①クルミは硬い殻から取り出したものを準備する
②銀杏は薄皮までむき、ナツメとショウガはキレイに洗う
③1と2をやかんに入れ、4倍ほどの水を注いで水が半分に減るまで煎じる
④3が冷めないうちに蜂蜜や砂糖を入れて飲む
[効果]
銀杏とクリは呼吸器を強化して季節の変わり目にかかりやすい風邪を予防し、クルミは夏の間に落ちた体力を補う効果がある。また、ナツメは神経を安定させ、ショウガは消化を助ける。