健康情報
食べ方によって食べ物も薬になる! 体調に合わせて選ぶ朝の代用食

体調に合わせて選ぶ朝の代用食

食べ方によって食べ物も薬になる!
体調に合わせて選ぶ朝の代用食

食べ方によって食べ物も薬になる! 体調に合わせて選ぶ朝の代用食

 

体力が落ちているとき

机の前に長く座っていられず、 体に気力がなく、  勉強の能率が上がらないときには、 高麗人参やキバナオウギの根など体力を補う生薬を服用するとよい。
オススメ] 高麗人参牛乳
きれいに洗った高麗人参を切り刻み、蜂蜜と一緒に混ぜる。
これを1~2匙すくって牛乳200mlに入れ、ミキサーにかけて服用する。

 

集中力が落ちたとき
精神を安定させる白茯神、体内の毒を抜き頭痛を鎮める薄荷、注意力を高める五味子、記憶力を増進させる高麗人参などの生薬が有効だ。揚げ物や冷凍・加工食品は脳に疲労物質を蓄積させるので、控えた方がよい。
[オススメ]薄荷茶
薄荷の葉30gをきれいに洗って乾かす。沸かしたお湯1000mlに薄荷の葉を入れて20分ほど煎じる。この煎汁をティーカップに注ぎ、薄荷の葉を浮かべ、葉の味が滲み出たら服用する。

 

消化不良を起こしたとき
ストレスを受けたときに起こしやすい消化不良や胃のもたれ、慢性的な神経性胃炎には、キバナオウギの根、カラスビシャクの根、陳皮など、胃腸を元気にし痰飲を取り除く食べ物を摂るのがよい。
[オススメ]キバナオウギの根のお粥
千切りにしたキバナオギの根30gをフライパンできつね色になるまで煎る。水1000mlに斜め切りにした高麗人参と煎ったキバナオウギの根を入れ、湯が約700mlになるまで煎じる。米をふやかしてから包丁の背でたたき、煎汁に入れてお粥にする。