健康情報
health_201703_3

スマートフォンの使用姿勢にご注意!

手の中のパソコンと呼ばれるスマートフォンの使用者が増加しています。

教室で、職場で、車の中で首を出してスマートフォンに集中している人が多いですが、

スマートフォンを使用する姿勢が健康に悪い影響を及ぼすので注意が必要です。

 

health_201703_3

 

頭を下げたまま画面をじっと見つめたら

スマホユーザーの代表的なこの姿勢はストレートネック症候群を引き起こします。頚椎がまっすぐになったり、首を出している姿勢が長くなると骨と筋肉、靭帯に持続的な疲労を誘発し、椎間板が損傷してヘルニアに繋がる可能性があります。

TIP!

首の後ろに指を当てて首を反らすストレッチをしましょう。 さらに、視力低下を予防するため、遠いところを見つめ、目の疲労感を減らしてください。

 

メールやゲームなどで指の使用が多いと

スマートフォンはタッチキーパッドの間の境界がほとんどなく、誤字率が高いです。そのせいでボタンを間違えないように指を立てて指先だけでタッチをする傾向がありますが、こうすると指と手首にかかるストレスが大きくなります。長時間親指と人差し指を立ててスマートフォンを使用すると指が痺れて感覚が鈍化する手首トンネル症候群にさらされやすいです。

TIP!

手首回し、振り、指を組んで前に伸ばすなどのストレッチで筋肉の緊張をほぐしましょう。