自生ニュース
自生医療財団・脊椎関節研究所は「首の痛みで苦しんでいる患者が鍼治療を受けると、2年以内に頸椎手術を受ける可能性が60%以上減少する」という研究結果を発表しました。この研究成果はSCI(E)級国際学術誌「Acupuncture in Medicine(IF=2.637)」最新号(8月号)に掲載されました。 연구팀은 국민건강보험공단의 표본 코호트 1.0 DB(NHIS-NSC)에서 20세 이상의 한국 성인을 대상으로 2004년부터 2010년까지 자료를 분석해 목 통증 환자에 대한 침치료와 그에 따른 경추수술률의 연관성을 살펴봤습니다. 연구팀은 27만5,110명의 목 통증 환자 중 6주 이내 2회 이상 침치료를 받은 환자를 침치료군(5만171명), 침치료를 받지 않은 환자를 대조군(12만8,556명)으로 나눴습니다. 두 군에 대한 성향점수매칭(Propensity score-matching)을 진행해 침치료군과 대조군을 각각 5만161명으로 보정했습니다. 이후 콕스비례위험모형(Cox proportional hazards model)을 통해 2년 내 경추수술률에 대한 위험비(Hazard Ratio, HR)를 계산했습니다. 위험비는 실험군의 위험률을 대조군의 위험률로 나눈 값입니다. 위험비가 1보다 크면 실험군의 위험도가 대조군보다 높다는 의미이며 1보다 작다면 실험군의 위험도가 대조군보다 낮다는 의미입니다. 研究チームは、国民健康保険公団の標本コホート1.0 DB(NHIS-NSC)で、20歳以上の成人(韓国)を対象に、2004年から2010年までのデータを分析し、首の痛みを感じている患者に鍼治療を行い、それに伴う頚椎手術率の関連性を観察しました。 研究チームは、27万5,110人の首の痛みの患者のうち、6週間2回以上鍼治療を受けた患者を鍼治療群(5万171人)、鍼治療を受けていない患者を対照群(12万8,556人)とした。両群の傾向スコアマッチング(Propensity score-matching)を行い、鍼治療群と対照群をそれぞれ5万161人に補正しました。その後、コックス比例ハザードモデル(Cox proportional hazards model)を使用し、2年以内に頚椎手術を受ける比率(ハザード比Hazard Ratio、HR)を計算しました。ハザード比は実験群の危険率を、対照群のハザード比で割った数値です。リスク比が1より大きい場合、実験群のリスクが対照群よりも高いことを意味し、1より小さい場合、実験群のリスクが対照群より低いことを意味します。 침치료군 중 2년 내 경추수술을 받은 환자는 67명이었고 대조군에서는 168명이었습니다. 침치료군보다 대조군에서 2년 내 경추수술을 받은 환자가 약 2.5배 많은 결과입니다. 침치료군의 경추수술 위험비는 0.397(95% 신뢰구간 0.299-0.527)로, 2년 내 경추수술률이 60% 이상 감소하는 것을 확인할 수 있었습니다. 성별, 나이, 소득의 정도에 따라 상이한 결과가 도출될 수 있기 때문에 이를 보완하기 위해 각각에 대한 서브그룹 분석을 실시했습니다. 그 결과 성별과 연령에 상관 없이 경추수술 위험비가 감소하는 모습을 보여 유의미한 결과를 확인했다고 연구팀은 밝혔습니다. 성별에 따른 경추수술 위험비는 남성 0.337(95% 신뢰구간 0.234-0.485), 여성 0.529(95% 신뢰구간 0.334-0.836)였습니다. 연령대 따른 경추수술 위험비도 20대(0.125)?30대(0.411)?40대(0.433)?50대(0.422)?60대(0.532)?70대(0.199)까지 위험비가 낮아졌습니다. 2年以内に頚椎手術を受けた患者は鍼治療群67人、対照群168人でした。鍼治療群より対照群が2年以内に頚椎手術を受けた患者が約2.5倍多いという結果が出ました。鍼治療群の頚椎手術のリスク比は0.397(95%信頼区間0.299-0.527)で、2年以内に頚椎手術を受ける確率が60%以上減少していることが分かりました。 性別、年齢、収入により結果が変わる可能性も考えられるため、これを補完するために、それぞれのサブグループ解析も行いました。その結果、性別や年齢に関係なく、頸椎手術のリスク比が減少するという、有意な結果が得られました。性別による頚椎手術のリスク比は男性0.337(95%信頼区間0.234-0.485)、女性0.529(95%信頼区間0.334-0.836)でした。年齢による頚椎手術のリスク比は20代(0.125)、30代(0.411)、40代(0.433)、50代(0.422)、60代(0.532)、70代(0.199)までリスク比低くなりました。 연구팀은 침치료를 시행한 기간과 횟수 변화에 따른 민감도 분석도 실시했습니다. 분석 결과 짧은 기간 내 침치료가 2회 이상 이뤄질 경우 경추수술률이 감소한다는 점을 확인했습니다. 1주 동안 2회 이상 침치료를 했을 경우 경추수술 위험비는 0.341(95% 신뢰구간 0.251-0.461)이었습니다. 2주 동안 2회 이상 침치료를 했을 경우 위험비는 0.358(95% 신뢰구간 0.267-0.481)이었습니다. 3주와 4주 위험비는 0.368(95% 신뢰구간 0.275-0.493)로 동일했으며, 5주 동안 2회 이상 침치료를 했을 경우에는 위험비가 0.392(95% 신뢰구간 0.295-0.521)인 것으로 나타났습니다. 카플란 메이어(Kaplan-meier) 생존분석에서도 침치료군이 대조군 보다 높은 누적생존율을 보였습니다. 시간의 경과에 따라 침치료군의 누적생존율은 대조군 보다 완만하게 떨어지는데, 이는 침치료군의 경추수술률이 대조군 보다 낮다는 것을 의미합니다. 研究チームは、鍼治療を実施した期間と回数の変化に伴う敏感度分析も行いました。結果、短い間に鍼治療を2回以上受けた場合、頚椎手術率が減少するということが分かりました。1週間に2回以上鍼治療を受けた場合、頚椎手術のリスク比は0.341(95%信頼区間0.251-0.461)でした。 2週間に2回以上鍼治療を受けた場合のリスク比は0.358(95%信頼区間0.267-0.481)でした。 3週間と4週間のリスク比は0.368(95%信頼区間0.275-0.493)で同じでした。5週間に2回以上鍼治療を受けた場合は、リスク比0.392(95%信頼区間0.295-0.521)であることが分かりました。 カプランマイヤー(Kaplan-meier)生存分析でも鍼治療群が対照群より高い累積生存率を示しました。時間の経過とともに鍼治療群の累積生存率は対照群よりも緩やかに落ちますが、これは鍼治療群の頚椎手術率が対照群より低いことを意味します。

【論文掲載】 首の痛みの患者、鍼治療を受ければ2年以内に手術を受ける確率が60%減少する

 

自生医療財団・脊椎関節研究所は「首の痛みで苦しんでいる患者が鍼治療を受けると、2年以内に頸椎手術を受ける可能性が60%以上減少する」という研究結果を発表しました。この研究成果はSCI(E)級国際学術誌「Acupuncture in Medicine(IF=2.637)」最新号(8月号)に掲載されました。   연구팀은 국민건강보험공단의 표본 코호트 1.0 DB(NHIS-NSC)에서 20세 이상의 한국 성인을 대상으로 2004년부터 2010년까지 자료를 분석해 목 통증 환자에 대한 침치료와 그에 따른 경추수술률의 연관성을 살펴봤습니다.  연구팀은 27만5,110명의 목 통증 환자 중 6주 이내 2회 이상 침치료를 받은 환자를 침치료군(5만171명), 침치료를 받지 않은 환자를 대조군(12만8,556명)으로 나눴습니다. 두 군에 대한 성향점수매칭(Propensity score-matching)을 진행해 침치료군과 대조군을 각각 5만161명으로 보정했습니다. 이후 콕스비례위험모형(Cox proportional hazards model)을 통해 2년 내 경추수술률에 대한 위험비(Hazard Ratio, HR)를 계산했습니다. 위험비는 실험군의 위험률을 대조군의 위험률로 나눈 값입니다. 위험비가 1보다 크면 실험군의 위험도가 대조군보다 높다는 의미이며 1보다 작다면 실험군의 위험도가 대조군보다 낮다는 의미입니다.   研究チームは、国民健康保険公団の標本コホート1.0 DB(NHIS-NSC)で、20歳以上の成人(韓国)を対象に、2004年から2010年までのデータを分析し、首の痛みを感じている患者に鍼治療を行い、それに伴う頚椎手術率の関連性を観察しました。  研究チームは、27万5,110人の首の痛みの患者のうち、6週間2回以上鍼治療を受けた患者を鍼治療群(5万171人)、鍼治療を受けていない患者を対照群(12万8,556人)とした。両群の傾向スコアマッチング(Propensity score-matching)を行い、鍼治療群と対照群をそれぞれ5万161人に補正しました。その後、コックス比例ハザードモデル(Cox proportional hazards model)を使用し、2年以内に頚椎手術を受ける比率(ハザード比Hazard Ratio、HR)を計算しました。ハザード比は実験群の危険率を、対照群のハザード比で割った数値です。リスク比が1より大きい場合、実験群のリスクが対照群よりも高いことを意味し、1より小さい場合、実験群のリスクが対照群より低いことを意味します。  침치료군 중 2년 내 경추수술을 받은 환자는 67명이었고 대조군에서는 168명이었습니다. 침치료군보다 대조군에서 2년 내 경추수술을 받은 환자가 약 2.5배 많은 결과입니다. 침치료군의 경추수술 위험비는 0.397(95% 신뢰구간 0.299-0.527)로, 2년 내 경추수술률이 60% 이상 감소하는 것을 확인할 수 있었습니다.  성별, 나이, 소득의 정도에 따라 상이한 결과가 도출될 수 있기 때문에 이를 보완하기 위해 각각에 대한 서브그룹 분석을 실시했습니다. 그 결과 성별과 연령에 상관 없이 경추수술 위험비가 감소하는 모습을 보여 유의미한 결과를 확인했다고 연구팀은 밝혔습니다. 성별에 따른 경추수술 위험비는 남성 0.337(95% 신뢰구간 0.234-0.485), 여성 0.529(95% 신뢰구간 0.334-0.836)였습니다. 연령대 따른 경추수술 위험비도 20대(0.125)?30대(0.411)?40대(0.433)?50대(0.422)?60대(0.532)?70대(0.199)까지 위험비가 낮아졌습니다.  2年以内に頚椎手術を受けた患者は鍼治療群67人、対照群168人でした。鍼治療群より対照群が2年以内に頚椎手術を受けた患者が約2.5倍多いという結果が出ました。鍼治療群の頚椎手術のリスク比は0.397(95%信頼区間0.299-0.527)で、2年以内に頚椎手術を受ける確率が60%以上減少していることが分かりました。  性別、年齢、収入により結果が変わる可能性も考えられるため、これを補完するために、それぞれのサブグループ解析も行いました。その結果、性別や年齢に関係なく、頸椎手術のリスク比が減少するという、有意な結果が得られました。性別による頚椎手術のリスク比は男性0.337(95%信頼区間0.234-0.485)、女性0.529(95%信頼区間0.334-0.836)でした。年齢による頚椎手術のリスク比は20代(0.125)、30代(0.411)、40代(0.433)、50代(0.422)、60代(0.532)、70代(0.199)までリスク比低くなりました。  연구팀은 침치료를 시행한 기간과 횟수 변화에 따른 민감도 분석도 실시했습니다. 분석 결과 짧은 기간 내 침치료가 2회 이상 이뤄질 경우 경추수술률이 감소한다는 점을 확인했습니다. 1주 동안 2회 이상 침치료를 했을 경우 경추수술 위험비는 0.341(95% 신뢰구간 0.251-0.461)이었습니다. 2주 동안 2회 이상 침치료를 했을 경우 위험비는 0.358(95% 신뢰구간 0.267-0.481)이었습니다. 3주와 4주 위험비는 0.368(95% 신뢰구간 0.275-0.493)로 동일했으며, 5주 동안 2회 이상 침치료를 했을 경우에는 위험비가 0.392(95% 신뢰구간 0.295-0.521)인 것으로 나타났습니다.   카플란 메이어(Kaplan-meier) 생존분석에서도 침치료군이 대조군 보다 높은 누적생존율을 보였습니다. 시간의 경과에 따라 침치료군의 누적생존율은 대조군 보다 완만하게 떨어지는데, 이는 침치료군의 경추수술률이 대조군 보다 낮다는 것을 의미합니다.   研究チームは、鍼治療を実施した期間と回数の変化に伴う敏感度分析も行いました。結果、短い間に鍼治療を2回以上受けた場合、頚椎手術率が減少するということが分かりました。1週間に2回以上鍼治療を受けた場合、頚椎手術のリスク比は0.341(95%信頼区間0.251-0.461)でした。 2週間に2回以上鍼治療を受けた場合のリスク比は0.358(95%信頼区間0.267-0.481)でした。 3週間と4週間のリスク比は0.368(95%信頼区間0.275-0.493)で同じでした。5週間に2回以上鍼治療を受けた場合は、リスク比0.392(95%信頼区間0.295-0.521)であることが分かりました。   カプランマイヤー(Kaplan-meier)生存分析でも鍼治療群が対照群より高い累積生存率を示しました。時間の経過とともに鍼治療群の累積生存率は対照群よりも緩やかに落ちますが、これは鍼治療群の頚椎手術率が対照群より低いことを意味します。

自生医療財団・脊椎関節研究所は「首の痛みで苦しんでいる患者が鍼治療を受けると、2年以内に頸椎手術を受ける可能性が60%以上減少する」という研究結果を発表しました。この研究成果はSCI(E)級国際学術誌「Acupuncture in Medicine(IF=2.637)」最新号(8月号)に掲載されました。

 

研究チームは、国民健康保険公団の標本コホート1.0 DB(NHIS-NSC)で、20歳以上の成人(韓国)を対象に、2004年から2010年までのデータを分析し、首の痛みを感じている患者に鍼治療を行い、それに伴う頚椎手術率の関連性を観察しました。

 

研究チームは、27万5,110人の首の痛みの患者のうち、6週間2回以上鍼治療を受けた患者を鍼治療群(5万171人)、鍼治療を受けていない患者を対照群(12万8,556人)とした。両群の傾向スコアマッチング(Propensity score-matching)を行い、鍼治療群と対照群をそれぞれ5万161人に補正しました。その後、コックス比例ハザードモデル(Cox proportional hazards model)を使用し、2年以内に頚椎手術を受ける比率(ハザード比Hazard Ratio、HR)を計算しました。ハザード比は実験群の危険率を、対照群のハザード比で割った数値です。リスク比が1より大きい場合、実験群のリスクが対照群よりも高いことを意味し、1より小さい場合、実験群のリスクが対照群より低いことを意味します。

 

2年以内に頚椎手術を受けた患者は鍼治療群67人、対照群168人でした。鍼治療群より対照群が2年以内に頚椎手術を受けた患者が約2.5倍多いという結果が出ました。鍼治療群の頚椎手術のリスク比は0.397(95%信頼区間0.299-0.527)で、2年以内に頚椎手術を受ける確率が60%以上減少していることが分かりました。

 

性別、年齢、収入により結果が変わる可能性も考えられるため、これを補完するために、それぞれのサブグループ解析も行いました。その結果、性別や年齢に関係なく、頸椎手術のリスク比が減少するという、有意な結果が得られました。性別による頚椎手術のリスク比は男性0.337(95%信頼区間0.234-0.485)、女性0.529(95%信頼区間0.334-0.836)でした。年齢による頚椎手術のリスク比は20代(0.125)、30代(0.411)、40代(0.433)、50代(0.422)、60代(0.532)、70代(0.199)までリスク比低くなりました。

 

研究チームは、鍼治療を実施した期間と回数の変化に伴う敏感度分析も行いました。結果、短い間に鍼治療を2回以上受けた場合、頚椎手術率が減少するということが分かりました。1週間に2回以上鍼治療を受けた場合、頚椎手術のリスク比は0.341(95%信頼区間0.251-0.461)でした。 2週間に2回以上鍼治療を受けた場合のリスク比は0.358(95%信頼区間0.267-0.481)でした。 3週間と4週間のリスク比は0.368(95%信頼区間0.275-0.493)で同じでした。5週間に2回以上鍼治療を受けた場合は、リスク比0.392(95%信頼区間0.295-0.521)であることが分かりました。

 

自生医療財団・脊椎関節研究所は「首の痛みで苦しんでいる患者が鍼治療を受けると、2年以内に頸椎手術を受ける可能性が60%以上減少する」という研究結果を発表しました。この研究成果はSCI(E)級国際学術誌「Acupuncture in Medicine(IF=2.637)」最新号(8月号)に掲載されました。   연구팀은 국민건강보험공단의 표본 코호트 1.0 DB(NHIS-NSC)에서 20세 이상의 한국 성인을 대상으로 2004년부터 2010년까지 자료를 분석해 목 통증 환자에 대한 침치료와 그에 따른 경추수술률의 연관성을 살펴봤습니다.  연구팀은 27만5,110명의 목 통증 환자 중 6주 이내 2회 이상 침치료를 받은 환자를 침치료군(5만171명), 침치료를 받지 않은 환자를 대조군(12만8,556명)으로 나눴습니다. 두 군에 대한 성향점수매칭(Propensity score-matching)을 진행해 침치료군과 대조군을 각각 5만161명으로 보정했습니다. 이후 콕스비례위험모형(Cox proportional hazards model)을 통해 2년 내 경추수술률에 대한 위험비(Hazard Ratio, HR)를 계산했습니다. 위험비는 실험군의 위험률을 대조군의 위험률로 나눈 값입니다. 위험비가 1보다 크면 실험군의 위험도가 대조군보다 높다는 의미이며 1보다 작다면 실험군의 위험도가 대조군보다 낮다는 의미입니다.   研究チームは、国民健康保険公団の標本コホート1.0 DB(NHIS-NSC)で、20歳以上の成人(韓国)を対象に、2004年から2010年までのデータを分析し、首の痛みを感じている患者に鍼治療を行い、それに伴う頚椎手術率の関連性を観察しました。  研究チームは、27万5,110人の首の痛みの患者のうち、6週間2回以上鍼治療を受けた患者を鍼治療群(5万171人)、鍼治療を受けていない患者を対照群(12万8,556人)とした。両群の傾向スコアマッチング(Propensity score-matching)を行い、鍼治療群と対照群をそれぞれ5万161人に補正しました。その後、コックス比例ハザードモデル(Cox proportional hazards model)を使用し、2年以内に頚椎手術を受ける比率(ハザード比Hazard Ratio、HR)を計算しました。ハザード比は実験群の危険率を、対照群のハザード比で割った数値です。リスク比が1より大きい場合、実験群のリスクが対照群よりも高いことを意味し、1より小さい場合、実験群のリスクが対照群より低いことを意味します。  침치료군 중 2년 내 경추수술을 받은 환자는 67명이었고 대조군에서는 168명이었습니다. 침치료군보다 대조군에서 2년 내 경추수술을 받은 환자가 약 2.5배 많은 결과입니다. 침치료군의 경추수술 위험비는 0.397(95% 신뢰구간 0.299-0.527)로, 2년 내 경추수술률이 60% 이상 감소하는 것을 확인할 수 있었습니다.  성별, 나이, 소득의 정도에 따라 상이한 결과가 도출될 수 있기 때문에 이를 보완하기 위해 각각에 대한 서브그룹 분석을 실시했습니다. 그 결과 성별과 연령에 상관 없이 경추수술 위험비가 감소하는 모습을 보여 유의미한 결과를 확인했다고 연구팀은 밝혔습니다. 성별에 따른 경추수술 위험비는 남성 0.337(95% 신뢰구간 0.234-0.485), 여성 0.529(95% 신뢰구간 0.334-0.836)였습니다. 연령대 따른 경추수술 위험비도 20대(0.125)?30대(0.411)?40대(0.433)?50대(0.422)?60대(0.532)?70대(0.199)까지 위험비가 낮아졌습니다.  2年以内に頚椎手術を受けた患者は鍼治療群67人、対照群168人でした。鍼治療群より対照群が2年以内に頚椎手術を受けた患者が約2.5倍多いという結果が出ました。鍼治療群の頚椎手術のリスク比は0.397(95%信頼区間0.299-0.527)で、2年以内に頚椎手術を受ける確率が60%以上減少していることが分かりました。  性別、年齢、収入により結果が変わる可能性も考えられるため、これを補完するために、それぞれのサブグループ解析も行いました。その結果、性別や年齢に関係なく、頸椎手術のリスク比が減少するという、有意な結果が得られました。性別による頚椎手術のリスク比は男性0.337(95%信頼区間0.234-0.485)、女性0.529(95%信頼区間0.334-0.836)でした。年齢による頚椎手術のリスク比は20代(0.125)、30代(0.411)、40代(0.433)、50代(0.422)、60代(0.532)、70代(0.199)までリスク比低くなりました。  연구팀은 침치료를 시행한 기간과 횟수 변화에 따른 민감도 분석도 실시했습니다. 분석 결과 짧은 기간 내 침치료가 2회 이상 이뤄질 경우 경추수술률이 감소한다는 점을 확인했습니다. 1주 동안 2회 이상 침치료를 했을 경우 경추수술 위험비는 0.341(95% 신뢰구간 0.251-0.461)이었습니다. 2주 동안 2회 이상 침치료를 했을 경우 위험비는 0.358(95% 신뢰구간 0.267-0.481)이었습니다. 3주와 4주 위험비는 0.368(95% 신뢰구간 0.275-0.493)로 동일했으며, 5주 동안 2회 이상 침치료를 했을 경우에는 위험비가 0.392(95% 신뢰구간 0.295-0.521)인 것으로 나타났습니다.   카플란 메이어(Kaplan-meier) 생존분석에서도 침치료군이 대조군 보다 높은 누적생존율을 보였습니다. 시간의 경과에 따라 침치료군의 누적생존율은 대조군 보다 완만하게 떨어지는데, 이는 침치료군의 경추수술률이 대조군 보다 낮다는 것을 의미합니다.   研究チームは、鍼治療を実施した期間と回数の変化に伴う敏感度分析も行いました。結果、短い間に鍼治療を2回以上受けた場合、頚椎手術率が減少するということが分かりました。1週間に2回以上鍼治療を受けた場合、頚椎手術のリスク比は0.341(95%信頼区間0.251-0.461)でした。 2週間に2回以上鍼治療を受けた場合のリスク比は0.358(95%信頼区間0.267-0.481)でした。 3週間と4週間のリスク比は0.368(95%信頼区間0.275-0.493)で同じでした。5週間に2回以上鍼治療を受けた場合は、リスク比0.392(95%信頼区間0.295-0.521)であることが分かりました。   カプランマイヤー(Kaplan-meier)生存分析でも鍼治療群が対照群より高い累積生存率を示しました。時間の経過とともに鍼治療群の累積生存率は対照群よりも緩やかに落ちますが、これは鍼治療群の頚椎手術率が対照群より低いことを意味します。

カプランマイヤー(Kaplan-meier)生存分析でも鍼治療群が対照群より高い累積生存率を示しました。時間の経過とともに鍼治療群の累積生存率は対照群よりも緩やかに落ちますが、これは鍼治療群の頚椎手術率が対照群より低いことを意味します。