健康情報
【自己診断】膝の痛み、もしかして膝の病気になっている?

【自己診断】膝の痛み、もしかして膝の病気になっている?

【自己診断】

膝の痛み、もしかして膝の病気になっている?

誰もが感じ得る膝の痛み。

膝の痛みは膝の使いすぎ、

無理な運動を続ける、

強い衝撃を受けたとき、

いつでも発生することができます。

それでは今すぐ自分の膝の健康状態をチェックしてみましょう。

【自己診断】膝の痛み、もしかして膝の病気になっている?

 

□ 歩いた後の膝の痛みが2~3日ほど続く

□ 膝を曲げたり伸ばしたりするとガタガタと音が鳴る

□ 階段を下りるとき特に痛みが酷くなる

□ 立ち上がろうとすると膝が痛い

□ 立っていると膝が震える時がある

□ まっすぐ立っていると膝と膝の間にこぶし一個が余裕で入る

□ 左右の膝のバランスが崩れている

□ 膝が曲がらない

□ 膝を伸ばすとき膝の裏側が床につかない

□ 膝がむくみやすい

 

※ 上記のチェックリストの中で2つ以上当てはまる場合、膝の健康に要注意ください。

膝の痛みが増したり、症状が酷くなると脊椎・関節の専門病院で

正確な検査と治療を受けてください。

 

膝の疾患。

自生韓方病院ではどうやって治療しているのでしょうか?

自生では関節に効く韓方薬(漢方薬)、動作鍼療法、シンバロ薬鍼、蜂毒鍼などの

韓方療法を通じて膝の痛みを治療しています。

強張った筋肉の経穴を刺激し、気血の循環を助けて炎症を治療し

骨と軟骨を強化させる韓方薬で関節の老化を防ぎます。

炎症程度によって韓方薬、鍼治療、理学治療など

韓方と西洋医学を融合した、総合的な治療を通じて

膝の痛みを再発なく治療しています。